2005年12月23日(金)

ここでは、2005年12月23日(金) に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月23日(金) 午後11時50分━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペッチャブーンです。

クリスマス前だというのに、気の重くなるご報告、
ご相談をしなければなりません。
長文ですが、最後まで目を通していただければ、幸いです。

先週、私がこちらのMLでご報告した、
城南島センターから引き出しの打診を受けた
ゴールデンレトリーバーの「チェルシー2号」
(♀、2歳、健康状態良好)
に関しまして。

今週、21日(水)にmochiさんが、
センターから引き出して、現在、mochiさんの
お宅で預かって頂いてます。
引き出す前に、すでに里親候補さんがおり、
すぐにお試しに入る予定でしたが、
残念ながら、チェルシー2号は、
噛み癖があることがわかり、引渡しを断念しました。
mochiさんが、シャンプー中になんの前触れもなく、
突然、左手を噛まれ、続いて、
先住犬と争いそうになった際、止めにはいって、右手まで。
小指の付け根の骨にひびが入るほどの傷と
親指の神経が飛び出るほどの傷で
医者で治療を受けたものの、なかなか血が止まらなかったとのことです。
翌日、城南島センターへ連絡し、事の次第を報告したところ、
センター側でも、すぐに引き取るとの返答があったそうです。

センターへ返すということは、ただちに処分ということです。
そのまえに、なにか生かせる方法はないかということで、
今日まで、複数の訓練士や獣医に相談しました。
噛み癖の矯正をある程度まで、行うことはできても、
訓練所から飼い主(保護先)のところへ戻った際、
なにかのきっかけで悪癖が戻ることは、よくあるそうです。
とくに、レトリーバー種のように温厚で従順な犬種で、
人を噛む犬は、この傾向が強いそうです。
問題行動のある犬の矯正訓練をしている訓練士からは、
里親を見つけて、引き渡すことは考えない方がいい、
どうしても生かしてやりたいなら、
リスクを覚悟で保護した人が
飼うしかないだろうとのアドバイスもありました。
これは、電話、メールによる相談で、
実際にチェルシー2号をみせて、
ジャッジしてもらったわけではありませんが。

チェルシー2号は、元の飼い主が世田谷センターに持ち込んだもので、
世田谷センターから
城南島センターへ送られ、譲渡試験の結果、
譲渡可能という判断で、譲渡対象犬犬舎に収容されておりました。
先週私が、現在、岐阜のあさひさんにお預かりいただいている、
黒ラブ・ジェスターを引き出しに行った時、
チェルシー2号を見せられ、引出しの打診を受けたわけですが、
その折、センター職員の説明では、
食事、おもちゃに対する執着は強いとのことでしたが、
攻撃性、噛み癖があるという報告はありませんでした。
私が、10分程度、チェルシー2号と遊んだ時は攻撃性はまったくなく、
mochiさんが引き出しに行った際も
散歩、遊びでも攻撃性の気配さえありませんでした。

それで。
今夜、mochiさんと電話でいろいろと対策を相談したのですが、
あまりにも危険性が高いということで、
断腸の思いですが、獣医で安楽死をさせることにしました。
安楽死とは、全身麻酔をうち、そのうえで筋弛緩剤を注射して、
死に至らせる処置です。
私が、チェルシー2号をmochiさん宅から、引き取り、
獣医に持ち込み安楽死に立ち会います。
センターへ返すことも考えましたが、ガス室で処分されるのは、
苦痛も大きいので。

他に、なにか解決策が考えられるでしょうか。
一度、矯正訓練所に入れてみるという方法も考えられますが、
その後、誰かが預かり、
いえ、預かるというより、終生面倒をみなければなりません。
可能性は、ゼロとはいえませんが、
リスクのある犬でも大丈夫ですという里親さんが
現れるかもしれませんが、噛んで事故を起こした場合は、
やっかいな問題となり、
不幸が大きくなるかもしれません。

安楽死は、27日頃と考えています。
チェルシー2号は、甘えん坊で、とても可愛い子で、
このような選択をしなければならないのは、
無念で仕方ありません。

現在、あさひさんのお宅で、お預かりいただいているジェスターも、
あさひさんのご子息を噛んでいますので、
矯正訓練を前提としながらも、最悪の事態、
対処は、覚悟しなければならないかもしれません。

現在、東京都動物愛護相談センターでは、
殺処分数を半減させるという方針、
目標で、譲渡を増やしていますが
その分、保護、譲渡される側のリスクも
増えることがあるような気がします。
保護活動をしていると、今回のようなケースにいつかは遭遇するのでは、
という危惧は心のどこかにありましたが・・・
残念であり、残酷な決断をしなければならないときもあるのか、と。

ご意見や、解決策があれば、ぜひ、お聞かせください。
時間の余裕はあまりありませんが、
可能性があるかぎりは、チェルシー2号を生かす方向で対処したいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokin01.blog45.fc2.com/tb.php/3-b20a081d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。