チェルシーの今後を考える2

ここでは、チェルシーの今後を考える2 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェルシーの命を繋ぐ活動は少しずつ動き出しました。
まず一番大きな出来事は、ハピラブメンバーである「のんさん」が里親候補として名乗りを上げられました。
更に、「のんさん宅で限界を超えた場合のバックアップとして長期預かり」「条件付なら預かり又は里親を検討する」などメンバー内からの複数の申し出をいただきました。
また、「チェル基金 1,000円募金」には多くの方のご協力をいただき、その他にもさまざまな広報&募金活動のアイデアが寄せられ、少しずつ形になり動き出しました。

そしてハピラブメンバー全員による無記名投票を実施(5月31日)

結果は以下の通りです。
1.訓練所での長期有料預託    2票
2.希望者への譲渡もしくは預託 74票
3.安楽死処分          4票
           (総投票数80票)
※5月31日現在の登録メンバー数 139名

結果は「希望者への譲渡もしくは預託」。

一番初めに現実的な方向で里親の名乗りを上げて下さった「のんさん」が第一候補となり、さっそく通常の譲渡手順に従って準備が始まりました。

但し、のんさんは現在も他の保護犬を預かり中のため、その子達の移動を完了すること、その後チェルシーとの共同生活のための再訓練を希望されています。その手順をクリアするため、実際のお試しは7月21日以降。
それまでチェルシーは、訓練所での滞在が続きます。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokin01.blog45.fc2.com/tb.php/37-e907a05f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。