2005年12月24日

ここでは、2005年12月24日 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月24日 午後0時36分━━━━━━━━━━━━━━━━━

mochiです

二代目チェルシーの現状ですが非常に危険です。

噛み付きも完全な攻撃で噛み付きながら首を振り
致命傷を与えるつもりだと判断されます。

私のキズですが左手に10箇所位の裂傷及び
小指の付け根手の甲の骨にヒビ右手は3箇所の裂傷。
かぎ裂きのように手の甲の皮がめくれた所が1箇所と
1cm四方で深さも1cm程度の穴が開き
真横に5cm程度パックリと裂けたキズ。

最初の噛み付きは唸っていたかも知れませんが
シャワーの音で聞き逃していた為
私にも原因がありますが2度目は完全に不意を付かれました・・

今日で4日目ですが全く心を開いてくれません・・
毎夜1時間以上2人きりですごしていますが
目の前を通り過ぎる際にちらっと顔見る程度で
擦り寄ってくる事はありません。
センターでお腹を見せて甘えてきた子とは別犬かと思うほどです。
ただし少しだけ分かってきた事は他犬が居ると常に気が立っています。
リビングで4頭出していても犬同士でのいさかいはありませんが
チェルを撫でようと手を出すと攻撃態勢に入り
牙をむいて威嚇してきます。

食事時が一番危険で食事を与える時も
餌入れを置いたらすぐに離れないと威嚇してきます。
こんな状態ですので先住犬達とは
別の場所で食事をさせなければならなく
らいままも食事が済むまでは部屋に入れない状態です。
と言うよりはケージからチェルを出す際
部屋の中は2人きりの状態にしていないと非常に危険です。

いったいどんな育て方をすると
ここまでなるのか不思議でなりません。

しかも問題行動矯正のプロからも完全矯正は無理と判断されました。
残る選択肢は2つしか有りません。
ある程度の矯正は可能との事なので
その後全ての事を理解して終生面倒を見てくれる譲渡先を
見つけるか最悪の判断を下すか。。。
このいずれかしかありません。

もう一つの可能性としてシェルター設備を持ち
預かり可能なところを皆さんの協力の下探しています。

もしこのような施設に心当たりのある方がいらっしゃいましたら
ご協力お願いします。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokin01.blog45.fc2.com/tb.php/5-ffc7e234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。