チェルシーの報告

ここでは、チェルシーの報告 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月の下旬より訓練所に入所しているチェルシー。
訓練所での預かりは、毎日「費用」が発生します。
保護の当事者であるハピラブとしても、チェルシーの今後をどうしていくか・・・・・
具体的な方針を決めるべく、訓練所から3つのご提案をいただきました。

1.里親さんが現われるまでの長期預かり
  月額の預かり費(医療費は別)+消費税 
2.チェルシーが亡くなるまでの永久預かり
  年額の預かり費(予防等の医療費込み)+消費税 但し、病気・外科的手術が必要の場合は別途負担
3.安楽死

しかし、選択肢はこれだけではないはず・・・!

上記3点以外の選択肢を広く募り、5月末まで検討・討議を重ねました。
また、いずれにしても預かり費用は発生しているため、チェルシーの命を繋ぐべく
メンバー全員に一人一ヶ月1,000円の拠出を呼びかけ、併せて一般向けにも募金を呼びかけました。
昨秋より「ぜひ、チェルシーを!」と切望して下さっておりました
里親希望のW様。
心に傷を負ったチェルシーと時間を掛けコミュニケーションを取り
チェルシーと共に訓練を受け、先月(3月)にはお試し生活に入られました。
しかし、残念ながら『一緒に生活をすることは不可能』との決断をされました。
************************************
直子です。

もう少し様子を見てから報告しようかとも思いましたが・・・。
チェルシー、パワーアップして帰ってきました(T_T)

自分のワガママが通らなければ、吠える、唸る、攻撃する。
今朝も早朝4時から鳴きまくっていました。

吠えていたので、ケージ越しに注意したら、唸り、攻撃。
私も負けずに「いけないっっっ!!!」
チェル、大興奮で威嚇しまくり。
「お前なんか恐くない!いけないものは、いけない!!」と叫ぶ私・・・(笑)

あんなに頑張って下さったW様が、ギブアップしたのですから
現段階では、一般の方が里親になることは無理です。

現在チェルシーは、先月まで居た訓練所に再入所しております。
(訓練はせず、お預かりいただいているだけの状態です)
先日面会に行きましたら、吼えまくっているかと思ったのですが、
随分おとなしく落ち着いていました。
ちょうどゴハン時にお邪魔したのですが、唸ることもなく
吼えることもなく、威嚇することもなく、他の子達と同じように
ゴハンを食べていました。
落ち着きを取り戻したようです。

チェルシーは、叶うなら訓練士に飼っていただくのが一番の様です。
つまりは、きちんとチェルシー自身を理解できる方でなければ
“可愛い・可愛い”と接すると、ガブリッ!といってしまうので、
もはや、ゴールデンとかレトリーバーとかと思わず、別な種類の犬だと
思った方が良いようです。

チェルにはチェルのペースがあります。
それを乱されるのを尽く嫌います。

気分が良ければ自分から甘えて来ますし
機嫌が悪ければハウスなどで一人になりたい犬です。

人間は犬より下等だと思っている犬です。
(これは絶対直さなきゃですけどね。訓練士は別のようです)
チェルシーは、人間のタイプによって態度を変えることが出来る
困った方面に頭の良い子です。

今後については・・・
新に、噛み犬矯正に長けているプロのインストラクターさんに
ご相談しながら、チェルシーにとっての最善を考えて行きたいと思っています。
直子です。

咬み癖矯正のため訓練所へ入所していたチェルシーですが
無事に2ヶ月の訓練期間を終え、3月11日からWさん宅で
お試し生活に入りました。

訓練期間中に避妊手術、狂犬病予防注射、犬歯切りをして頂きました。

チェルはとても良い子にしていたそうです。
訓練士さんが、チェルのような子に慣れていることもあったと思いますが
特に問題行動を起こすこともなく、週1でWさん宅で行われた
自宅での訓練も順調だったそうです。

ただ完全に安心できる子ではありませんし、
どうしても口輪が必要な場面もあります。
そういうことも理解した上での「お試し生活」ですので
通常より長めにお試し生活をして頂こうと考えています。

またWさんよりチェルシーの様子を教えて頂いたらご報告いたします。
直子です。

27日に訓練所より電話があり
「チェルちゃんが下痢したので病院へ連れていきましたが、
検査しても何も出ず、多分ストレス性の下痢のようです。
3日分のお薬を貰ってきたので様子を見てみます」とのことでした。

どうやら1回目の訓練のためWさんと会ったことで、
寂しい病になってしまったようでした。
下痢はかなり酷く、血も混じるくらいだったそうです。
意外とナイーブだったのね。チェルちゃん^^;

今日(1月29日)また訓練所より「下痢が治りました~」と
電話がありましたが、今日は2回目の訓練日なので、
また明日以降に下痢になってしまうかもしれません。

避妊手術は来月15日に予約したそうです。
素早く病院へ連れて行ってくれて、こまめに連絡をくれるので
とても信頼できる訓練所だと思います。

チェルはまだ訓練士さんに心を開いていないようです。
「厄介な子ですがお願い致します」と言いましたら
「いやいや、もっと凄い子たくさん居ますから~」との言葉に、
とても有りがたいです。
直子です。

咬み癖矯正のため訓練所へ入所したチェルシーの1回目の訓練が
Wさん宅で今日(1月22日)行われました。
Wさんから電話で報告して頂きました~。

今日はまだ本格的なことはせず、川原に散歩に行って
先住犬のチョコちゃんとチェルシーが仲良くできるアドバイス、
要は多頭飼いをする心構えみたいな感じだったそうです。

まだまだこれからですが、Wさんの声が楽しそうに弾んでいたので
安心できました。

訓練所生活のチェルは、唸ったり鼻にシワを寄せたりして
やはりご飯時に問題ありだそうです。

今後のチェルの変化に期待します。
直子です。

本日(1月15日)里親希望のWさんカップルと先住犬チョコちゃんと一緒に
千葉県市原市にある訓練所へチェルを連れて行ってきました。

事前にチェルのことは話していましたが「思っていたよりはマシ」と言われ
一通りの服従訓練は入っていること、チョコちゃんとの相性も良さそうとのこと
預かり訓練2ヶ月程度で何とかなるのでは?と判断して頂けました。

「今日からでも預かりますよ」と言われ、そのままチェルをお願いしてきました。

咬み癖を治すというより、チェルの扱い方を教えてもらい、
人間もワンも、お互いストレスのない生活が出来るようになることが目標となります。

預かり期間中に避妊手術をしてもらい、その時に犬歯を切ることにしました。
ワクチン摂取の時期なので、ついでにワクチンもしてもらいます。

そこは週一で、飼い主と訓練するのですが、問題犬の場合は
自宅に連れてきてくれて訓練するそうです。
さっそく来週からWさん宅での訓練が始まります。

訓練費用はWさんがご負担して下さることになりました。
訓練所を卒業したらお試し生活となり、それでWさん達にチェルとの生活が
可能か判断してもらいます。

なんだかトントン拍子に話が進み、今放心状態です。
チェル、頑張って成長して、幸せを掴んで欲しいです。

写真は訓練所で撮りました~。
cheru4.jpg

cheru-5.jpg

直子です。

チェルシー希望者のWさんと相談し、来週1月8日に千葉の訓練所へ
相談しに行ってきます。
成犬の咬み癖矯正は、かなり難しいようですが、少しでも家庭犬らしく
なってくれたら良いなぁと思っています。
8日にお話を伺い、後日改めて入所することになると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。